フィンペシア通販の前に口コミ・評価が気になりませんか?

クリニックではフィンペシアのようなお薬で薄毛治療は「720万円/30年、ネット通販のフィンペシアなら「46万8千円/30年」と費用差はあなた次第!

薄毛治療は完治するお薬は世の中にはありません!ですので、一生涯お付き合いするフィンペシアです。

フィンペシアで副作用が発生するかたが稀にいるようです。
私自身もフィンペシアとミノタブの服用を10年以上続けています。
コロナの影響でお薬が手に入らず一時、服用を止めざる得ない事もありました。

経験者から言わせて頂くとフィンペシアは止めると抜け毛が始まります。
ミノタブは???
正直、ミノタブの方が値段が高いので、この機会にミノタブ服用を止めようかとも考えています。

フィンペシアは通販購入が出来る薄毛治療の特効薬

薄毛治療で最低限知っていて欲しいのは、クリニックで男性型脱毛症の患者様へ殆どの場合に処方される成分がフィナステリドです。

①成分名は「フィナステリド」は⇒男性型の「脱毛」を止める
  薄毛の治療効果がある医薬品は以下の「2種類知っておけば」大丈夫!
    ・フィナステリド⇒ 「抜毛を予防する
      製品例:フィンペシア

    ・ミノキシジル⇒ 「発毛、育毛を促進
      製品例:ロニタブ

②副作用の中で一番気になる「初期脱毛」

  薄毛の人の毛根は「死にかけ」ています。
  フィンペシアを飲み始めると「健康な毛」へ生え変わります。
   ↑このため現存する「死にかけ」毛髪が一気に抜け始める訳です。

  フィンペシアが効果がある人ほど初期脱毛の傾向が強い

 *Wikipediaでもフィナステリドの効果について詳細に説明されています。

③気になる命に関わる副作用

口コミで良く噂される副作用としても、自殺願望が強くなる事もあるようです。

毛髪が増える事で人生が「楽しくなる面」については考慮されていない統計ではあるかもしれませんが、一考の余地はあります。

これらは鬱症状のように心に何かしらの影響があるのでは?とも言われています。
現代社会において鬱(うつ)は避けては通れないため、健康的な生活が必要ですね。
良く言われる対策としては「日光浴」です。

ビタミンD不足が鬱を誘発するというのは有名なお話しですので、日光浴をしてビタミンDを摂取するようにするなどの対策は必要ですね。

つまり、私は小さな副作用よりも「楽しくなる人生」を選びました。

その他、お薬を消化する肝臓などの器官に問題がある場合はより病気を悪化させる可能性もあるようですので、まずは身体の体調を整えてからフィンペシアを開始する事をお勧めします。
このような症状がある事を踏まえて、何か懸念点があるようでしたら医師に相談をするかフィンペシアの服用を止める等をして下さい。

④フィンペシアの服用を止めたらどうなるか?

フィンペシアの効果は服用によって薄毛の原因を排除しますが、薄毛の原因が完全に無くなる訳ではありません。

ですので、薄毛治療は基本的には一生続くと認識してください。
ただし、フィンペシアの服用を止めれば、飲み始める前の頭髪環境に戻るだけです。
余計に症状が悪化する事はないとされています。

薄毛を受け入れる事が出来る環境になりましたら服用を止めるまたは、服用量を少なくするなども良いかもしれません。

⑤毛根の再生回数の限界値

1つの毛根から生える毛髪は40~50本と言われています。
これは人の細胞の分裂(再生)回数が40~50回と言われているからです。
つまり、1つの毛根から50回毛髪が抜ければ、その毛根は終了です。

ちなみに毛髪の「寿命は2~6年」ですので、健康であれば6年X50回で300年は髪の毛に困る事はありません。

Slide

18 :毛無しさん:2021/02/05(金) 08:16:42.54 ID:UhtWdxhl.net[3/3]
脱毛症のためにフィナステリドを使用している若い男性は、一般的な人よりも自殺しやすい可能性があると新しいファーマコビジランス研究は述べています。

新しいファーマコビジランス調査によると、脱毛のためにフィナステリドを使用している45歳以下の男性は、自殺念慮を経験したり、自殺を計画したり、自殺を試みる可能性が3倍高くなっています。
このような自殺行為のリスクは、ミノキシジルやデュタステリドを含む他の脱毛症治療薬を使用している男性の間でよりも 63 % 高かった、データが示された。
タイトル調査の自殺行為と心理的有害事象の患者の治療と題されたこの研究は JAMA 皮膚科で発表されました。
研究チームは、フィナステリドを服用している脱毛症の若い男性には、自殺行為や心理的有害事象の増加に対する統計的に有意な安全性のシグナルがあることを 発見した。しかし、これらの安全性シグナルは、BPHのためにフィナステリドの高用量を服用している高齢男性には見られなかった。

"VigiBaseでフィナステリドと関連した自殺傾向と心理的有害事象の解析を行ったのは、我々の知る限りではこれが初めてである」とTrinh博士は書いている。
"ポストフィナステリド症候群の精査が進む中で、我々の探索的な知見は、若い患者のフィナステリド使用による有害事象をさらに調査する必要性を浮き彫りにしています。

pfsfoundation.org/news/young-men-using-finasteride-for-alopecia-may-be-more-suicide-prone-than-the-general-population-says-new-pharmacovigilance-research/